難聴に不可欠なアイテム|苦しい鼻づまりに喝を|息がスムーズにできる

苦しい鼻づまりに喝を|息がスムーズにできる

女医

難聴に不可欠なアイテム

笑顔の老人

5つのタイプに分けられる

加齢などの理由によって難聴になってしまう人は高齢化社会に伴って年々増えています。その難聴をサポートしてくれる存在が補聴器となります。これを装着するだけで、聞き取れにくかった声もクリアに聞き取ることができます。しかし、その選び方で苦労される人も少なくありません。というのも、一口で補聴器と言っても大きく5つのタイプがあるからです。それは耳穴型・耳掛け型・ポケット型・メガネ型・特殊補聴器となります。それぞれが利便性や機能性が違っているため、今まで補聴器を利用したことのない人では選び方が分からなくて当然です。ただし、補聴器は医療器具なので耳鼻科で相談してみるのが一番です。適切なアドバイスをいただいて選び方の参考になります。

重度難聴の場合

ただし、重度難聴者であるならば、ある程度選び方が狭まってきます。重度難聴は耳元から大声で叫んでもほとんど聞き取れないほどの状態のことです。なぜならば、重度の難聴では耳穴型やメガネ型では対応できないことが多いからです。どちらも小型化して利便性を追求しているため、どうしても重度の難聴に合わせる機能性がありません。そのため、耳掛け型・ポケット型がメインとなります。耳掛け型は少し目立ってしまうためそれを嫌うのならばポケット型、ポケット型はコードがジャマになることもあるのでそれを嫌うのならば耳掛け型と言った具合に選ぶと良いです。ちなみに軽度の難聴である場合なら、5つのタイプ全てで利用することができます。