聞き取りにくいと感じたら|苦しい鼻づまりに喝を|息がスムーズにできる

苦しい鼻づまりに喝を|息がスムーズにできる

女医

聞き取りにくいと感じたら

男の人

人体は多少の怪我や機能障害が発生しても、自然に再生する能力が備わっています。逆に言えば、回復しなければ、不具合が残ってしまう恐れがあります。ところが、工業技術が向上した現代では、機械で肉体の代用を担わせることが可能になっています。代表的な事例として、数多くの難聴者は補聴器を使うことで日常的な聴覚状態を改善させています。ただし、聴覚機能の衰えは、気付きにくいことが知られています。そのため、難聴を自覚することが遅れて生活に不具合が生じることが多く、適切な時期に補聴器を使い始めることは簡単ではありません。したがって、定期的に耳鼻科を受診することで、専門医の指導を受け続けることが生活の質を悪化させないために大切になります。

普段から目にしている外耳内部には、音を電気信号として脳内に伝えるための様々な機構が備わっています。非常に精密な構造をしているので、どの部位に不具合が発生しても聴覚機能の悪化に繋がります。耳鼻科で治療できる症状もありますが、回復しなければ難聴になる可能性があります。原因が多彩なので、聴覚機能を代替させる補聴器には様々な種類が存在します。鼓膜や耳小骨に不具合が発生して内耳に音を伝える能力が低下する難聴であれば、補聴器で音を増幅させて比較的簡単に機能が回復します。一方、音を電気信号に変換して脳内に伝える機能に不具合が生じる症状は、加齢に伴って発生しやすくなります。この難聴の回復には補聴器の様々な調整が必要で、一定の時間が必要です。